お酢は胃腸にも効果あり

お酢にはさまざまな健康効果があります。ダイエット、疲労回復、結石の予防、血行改善、高血圧予防などなど。そしてこのお酢、実は腸内環境の改善にも役立つのです。

お酢のもつ抗菌作用が腸内の悪玉菌を減らしてくれるからというのがその理由のひとつ。さらに、お酢に含まれるグルコン酸には善玉菌を増やす効果があります。だからお酢と摂取すると、腸の血流が改善されてぜん動運動が活発化します。その結果、活性酸素の発生が抑えられ、疲れにくくストレスに強い身体になるのです。

またお酢の酸味には唾液の分泌を促して消化吸収を助ける効果があるため、これも胃腸の調子を改善させる方向に働きます。

摂取する量は1日大さじ1~2杯程度が目安。サラダなどにかけて食べるのがいいでしょう。そのまま飲みたいという人にはトキワさんの通販サイトの黒酢か果実酢がおすすめ

注意すべき点は、食事中や食後すぐに摂取するということ。空腹時にお酢を摂取すると胃を痛めかねません。これでは本末転倒なので、お酢を摂取する時は空腹時を避けるようにしましょう。